「United Kingdom」に関連するレビュー

UKラウドロックの部類に入るのだろうか。 イケメンで(笑)二十歳そこそこながら渋いヴォーカルと、へヴィ・ロックやメタルで放出されそうなギターサウンドは、当時のUKラウドロック界の新星だと思う。 インミ ... 続きを読む
忘れ去られそうなくらいの遠くの場所で鳴っているようだ。 ただその音も叫びも日常のリアルなのだ。 これは英国の労働者階級でなければ出せない。 荒廃したタクシー会社の倉庫で録音された、ハード・ファイのデビ ... 続きを読む
長らく閉鎖していた老舗名門レーベルが、復活してでも契約したい!との理由で、めでたく契約&デビューにこぎつけたという逸話を持つジ・エナミーのデビューアルバム。 アルバム発表前のデビューシングル「40 D ... 続きを読む
たしかこのジャケットデザインが本国UKでワースト1位だったような記憶がある。(が、間違いかもしれない。) 仮にそうだとしても、これこそ聴いてみないとわからない真骨頂だ。 ダイドという女性ヴォーカルと、 ... 続きを読む
“俺のことを誰が何と言おうが、それは俺じゃない” アルバムタイトルを翻訳すればこんなとこだろうか。 今でこそ音楽の宣伝や広がりにインターネットは欠かせないが、そのアプローチとし ... 続きを読む
最初に述べておこう。このアルバムを買った理由は、名曲「I’m Not In Love」を聴きたいが為だ。本当にそれだけで、正直他のトラックについてはまったく眼中に無かった。 買ってからは、 ... 続きを読む
シンプルなエフェクトやエコーのかかった一音一音のループ。ミドルテンポを少し抑えた感じ。 なぜかこういったジャンルは苦手だ。 ではなぜ聴いたのか、ということになるが、私にとって気づくのが遅いジャンルとも ... 続きを読む
初めて「My Generation」を聴いた時、気持ちいいくらい頭をガツンとやられ、ニヤリとしてしまったことを今でもよく覚えている。 アルバムそのものはモータウンやR&Bのカヴァーもあるものの、当時と ... 続きを読む
英国の伝統的ともいえるブリットポップ調のサウンドにメロディー、70年代のモッズ風ヴォーカルとセンスを持ったジ・オーディナリー・ボーイズのデビューアルバム。 このバンドの印象と言えば、”迷走 ... 続きを読む
若い世代がヴィンテージ楽器を扱うとこんなにも新鮮なんだ。 2000年代で実は一番お気に入りだったりする。そして今なお追いかけているイギリスのバンド、リトル・バーリー。 3ピースというシンプルなスタイル ... 続きを読む
3 / 41234