「2003年」に関連するレビュー

アルバム通算としては4枚目だが、メジャーとしはデビュー作となる、カリフォルニア出身のバンド「The Ataris(ジ・アタリス)」。 所謂メロコア系に分類され、冒頭の#1「So long, Astor ... 続きを読む
このバンドについてあれこれ言うのは、本物のファンにしか許されないかもしれないが、さらに言えばレディオヘッドのデビューアルバムである『Pablo Honey』は尚更な気がしないでもない。 フロントマンの ... 続きを読む
プログレッシブ、オペラ、オーケストラ、クラシック、メタル、ハード・・・これらを表現するロックンロール、いや、ロックンロールだけではおさまらないエネルギーをこのミューズというバンドは体現し、これからもそ ... 続きを読む
UKラウドロックの部類に入るのだろうか。 イケメンで(笑)二十歳そこそこながら渋いヴォーカルと、へヴィ・ロックやメタルで放出されそうなギターサウンドは、当時のUKラウドロック界の新星だと思う。 インミ ... 続きを読む
ELLEGARDENの2枚目のフルアルバム。 他のサイトやアマゾンのレビューとかで1stとは全く違うということを聴かされましたが、実際聴いてみると本当に全く違いましたね。レミオロメンの1stと2ndの ... 続きを読む
男にはどうしても突っ走らなくてはならないときがある。付きまとう理不尽な感情を追い払おうと走る。ひたすら走る。泣いているかもしれない。怒り狂っているかもしれない。あきれるほど笑っているかもしれない。 そ ... 続きを読む
フジファブリックのインディーズ時代のアルバム。 フジファブリックのアルバムの中では最もクセのある作品となっていて、一度聴いたらいい意味でも悪い意味でも忘れられません。悪くいうとへんてこりんなんですが、 ... 続きを読む
なんだかいい夏を過ごした気分だ。アルバムを再生してから聴き終わるまでそんな感覚だった。 アイルランドはダブリンから、5人組のロック・バンド、ザ・スリルズのデビューアルバム『So Much For Th ... 続きを読む
ジャパニメーションなるものが好きな親日家フランス産ロック・バンド、プレイモ。 個人的には、フランスにロックバンド?という印象だが、そのサウンドはメタル、へヴィ・ロック、ミクスチャーを応用し、決して野太 ... 続きを読む
“ガラクタ”・・・そう聞くと所詮ガラクタはガラクタなんだろうか。 いや、そうではないかもしれない。 たとえそれが全てのアメリカの”ガラクタ”であろうとも ... 続きを読む