春といえば、この曲をあげずには終わることはできません。 フジファブリックの「桜の季節」 初期フジファブリックの名曲。日本らしい四季を感じることができる一曲。 桜が枯れた頃 曲名に”桜 ... 続きを読む
“俺のことを誰が何と言おうが、それは俺じゃない” アルバムタイトルを翻訳すればこんなとこだろうか。 今でこそ音楽の宣伝や広がりにインターネットは欠かせないが、そのアプローチとし ... 続きを読む
季節が春ということでこの曲を紹介します 春というのはなにかとスタートする季節ですが、この曲は突然の別れを歌っています 特徴的なのはサウンドに名曲「アメイジンググレイス」をミックスしてポップなサウンドに ... 続きを読む
1stミニアルバムをリアルタイムで聴いて好印象を持ちながらも、その後何故か個人的な記憶から忘れてしまい、久しく聴いてなかったのですが、今回のアルバムを2009年になって聴いてみるとこれがまた素晴らしい ... 続きを読む
最初に述べておこう。このアルバムを買った理由は、名曲「I’m Not In Love」を聴きたいが為だ。本当にそれだけで、正直他のトラックについてはまったく眼中に無かった。 買ってからは、 ... 続きを読む
school food punishmentの3枚目となるミニアルバム。 1st、2ndはダークさが見える透明感という印象でしたが、このアルバムで1歩突き抜けた印象があります。1~2曲目の「flow」 ... 続きを読む
男にはどうしても突っ走らなくてはならないときがある。付きまとう理不尽な感情を追い払おうと走る。ひたすら走る。泣いているかもしれない。怒り狂っているかもしれない。あきれるほど笑っているかもしれない。 そ ... 続きを読む
シンプルなエフェクトやエコーのかかった一音一音のループ。ミドルテンポを少し抑えた感じ。 なぜかこういったジャンルは苦手だ。 ではなぜ聴いたのか、ということになるが、私にとって気づくのが遅いジャンルとも ... 続きを読む
フジファブリックのインディーズ時代のアルバム。 フジファブリックのアルバムの中では最もクセのある作品となっていて、一度聴いたらいい意味でも悪い意味でも忘れられません。悪くいうとへんてこりんなんですが、 ... 続きを読む
ついにフジファブリックがやってくれた!そんな思いでいっぱいになります。 3人体制になってからの2作目。「VOYAGER」。よくここまでのクオリティのアルバムができたと感じる一枚です。 前作の「STAR ... 続きを読む
10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »