Superflyのアルバム「Box Emotions」のレビュー

Box Emotions

このアルバムをまず手に取った時に驚かれた方は多いのではないでしょうか?

そう、分厚いんです。歌詞カードが1枚1枚表が曲のイメージに合わせた写真で裏が歌詞という風になっています。まず、そのこだわりからすごい。

パッケージの作りから相当の熱の込めようですが、CDを聴くともっとすごい。

2009年1番のアルバムと言ってもいいかもしれないほどの出来。全体を通して聴いた時の感想はアルバムタイトル通りです。箱(CD)に詰まった感情(Emotions)が溢れています。

1曲1曲の完成度の高さもあるんですが、この溢れる感情に聴いていて心が揺さぶられます。自分の中に入ってくるような歌、そうそうあるものではないです。他のアーティストを聴いていると良し悪しをいろいろ考えたりしてしまうものなのですが、このアルバムにはそれが全くないです。それが個人的にすごいと思うところですね。

全曲シングルクオリティとの評判がありますが、全くシングルを聴いていなかった私にとってはどれがシングル曲なのか全くわかりませんでした。寧ろそれが先入観なく聴けていいんですけどね。

おすすめの曲は全部なんですが、特に素晴らしいと思うのが「Searching」、「愛に抱かれて」です。この2曲は飛びぬけていいと思います。次のアルバムも非常に楽しみです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です