Wolfmanのシングル「For Lovers」のレビュー

知っている人は知っている、知らない人は知らない。つまりこれはコアなファン向け。

The Libertinesのヴォーカル/ギタリストのピートがフィーチャリングされた、彼の友人との共演シングル。
しっとりと優しい。#1「For Lovers」は、ピート独特の雰囲気が本家バンドで鳴らす音や、発する声音とは別格のものだ。
言葉では言い表せない、彼の刹那が詰まっている。
じわじわとその刹那へ昇華されてゆく。
#2「Back From The Dead」は、一転してペースを速めるも、依然として落ち着いた声を発している。
本当に説明しづらいが、リバファン必聴の外せない音源である。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

F.TKJ
洋楽専門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です