The Strokesのアルバム「Is This It」のレビュー

やってることはシンプルだが、懐かしく聴こえてきながらも、佇まいも相まってかモダンでスタイリッシュ。

高度な演奏テクニックや、メロディ、音楽そのものの構成のクオリティを重視するのであれば、このバンドを聴く必要はない。
まるでロックンロールがグレートリセットされて生まれてきたようなピュアさを持ち合わせているからだ。

ニューヨークで結成されたザ・ストロークスのデビューアルバム。

本当にシンプル。

ストロークスがシーンに登場した時は、ロックンロールリバイバルの時期ではあるが、個人的にさほど注目していなかった。
数多のジャンルやポスト○○といったミュージックという多岐にわたる複雑な世界に、いったん真っ新な気分で浸りたいと思った折り、このバンドに出会えた。

ヴォーカルのジュリアン・カサブランカスの気だるく歌う#「Is This It」もあれば、しゃがれたシャウトの#「Last Nite」、#「New York City Cops」、#「Take It Or Leave It」もあるが、一番のお気に入りは#「Someday」だ。
懐かしくもスタイリッシュ。そう、かっこいいのだ。

このバンドのどこがいいのか理解できない人も居るだろう。
この先、肉が付き、色も出てくるが、これは骨と皮しかない、ストロークスの原型だ。
その姿は後にも先にも、このアルバムでしか体現されていないのではないだろうか。
故に対比される対象にもなっている傑作だ。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (2)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

F.TKJ
洋楽専門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です