サカナクションのアルバム「sakanaction」のレビュー

サカナクションは夜が似合うバンドだと思います。2007年に発売された、初めてのアルバムである「GO TO THE FUTURE」を聴いた時から思っていたことですが、今回のセルフタイトルとなる「sakanaction」を聴いて確信に変わりました。

初めて聴いてから何度かは、正直なところ、あまりしっくりこなかったのが素直な感想。ただ、何度も聴いているうちにこれは今までのサカナクションで一番凄いアルバムだと気付きます。

過去のアルバムもすべて聴き倒していますが、これぞアルバム!と言える作品はなかったと思います。どのアルバムもいい作品ではあったけど、どこか不完全な印象を持っていたのも事実。そのもやもやが、今回の「sakanaction」を聴いてようやく晴れました。デビューの頃からリアルタイムでサカナクションを聴いてきた一人として、感慨深いですね。

それでは、記念すべきセルフタイトルのアルバムを振り返っていきましょう。

sakanaction (初回生産限定盤CD+DVD)

introの水滴音でサカナクションの世界へ

このアルバムの他にない特徴が、頭から2曲がインスト曲だということです。特にパッと聴いただけでは何を意味しているのかわかりづらい、1曲目の「intro」。私が思うに、このアルバムで一番重要なポイントは「intro」の1つ目の音、水滴音です。

これ、何度も繰り返して聴いて初めて気付いたのですが、この水滴音でサカナクションのアルバムの世界へ引き込んでいます。水滴音といえば、あなたは何をイメージしますか?どこか寂しげな感じだったり、夜をイメージするのではないでしょうか?

この水滴音がなければ、このアルバムの印象が随分変わっていたはずです。仮に2曲目の「INORI」から始まっていたらどうでしょう?私なら単純にアルバムを盛り上げるための1曲に感じていたでしょう。それが、前に「intro」があることで、”夜の”ワクワクする時間が始まるという感覚になります。印象が全然違います。

 

ミュージック、夜の踊り子でたたみ掛ける

そして3曲目に名曲の「ミュージック」。アルバムを聴き始めた頃は、アルバムの最後に持ってきた方がいいと思いました。4枚目のアルバム「KikUUiki」に収録されている、サカナクションで一番の名曲だと思う「目が明く藍色」と同じニオイがしていたからです。

これも何回も繰り返して聴いたことで、3曲目にあることがベストなんだと思いました。「intro」「INORI」と来て、静かに始まる「ミュージック」。徐々に曲が盛り上がり、最後の壮大な合唱はアルバム全体を通してのハイライトの1つです。(ミュージックの大サビが前回のアルバム「DocumentaLy」に収録されている「モノクロトーキョー」っぽく感じたのは内緒)

ミュージックの盛り上がりも冷めぬ中、次に「夜の踊り子」を持ってくるのがまた絶妙。このあたりはバンドだからこそできることだよね、と思います。ここまでの流れがアルバムを聴いていて一番気持ちのいいところです。

 

Aoiが素晴らしい

「夜の踊り子」で一旦流れが落ち着きます。「なんてったって春」「アルデバラン」「M」と何度も聴いているうちにジワジワ良さがわかる曲を経て、やってくるのが、アルバムを通して2つ目のハイライト「Aoi」です。アルバム全体を通してだと異質に感じるロックチューンも、一度聴けばその良さがわかるのではないでしょうか。

これぞサカナクションという曲です。他のアーティストには真似できない曲だと思います。

朝の歌で終わる

アルバムのトリを飾る曲のタイトルは「朝の歌」。アルバム最後の曲とは思えないような、しっとりとした曲です。気が付けば終わっている、そんな曲です。私たちも普段寝てしまえば、いつの間にか朝になっているはずです。「朝の歌」はそれと同じような感覚で、しれっと終わるあたりもサカナクションの狙いなのかな、なんて深読みしてしまいます。

12曲目の「mellow」で一番深い夜となり、13曲目の「ストラクチャー」で、深夜から朝に向かう。そしてラストの「朝の歌」へ。いい流れです。「mellow」の次が「朝の歌」だったら違和感ありまくりだったと思います。

ついに、アルバムになった

「intro」の水滴音で夜が始まり、「朝の歌」で終わる。サカナクションが夜のバンドだからこそ、夜を聴かせるアルバムがセルフタイトルとなったのでしょう。

このこともそうですが、アルバムに収録されているすべての曲が1つのストーリーになっていると初めて思えました。サカナクションのアルバムでここまですっきりできるのは初めてです。個人的に過去5枚のサカナクションのアルバムで一番いいと思うのは、デビュー作の「GO TO THE FUTURE」で、これもすっきりする感じがあります。

セルフタイトルのアルバムで、サカナクションとは何か?という回答を出し尽くした感があります。レビューを書いている時点では次の展開が全く予想できません。前作「DocumentaLy」では愛の歌を歌ってみたいと思う、と締めくくり、この答えとして音楽への愛の歌である「sakanaction」が完成しました。

次の展開が見えるまでは、完成されたサカナクションの世界を楽しむことにしましょう。何度聴いても飽きないです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です