チャットモンチーの曲「やさしさ」のレビュー

告白

チャットモンチーというバンドはほぼデビューの頃から知っていて、
新曲が出るたびにすぐに聴いていました。

数ある曲の中で私が最も印象に残っていて、かつ好きな曲がこの「やさしさ」です。

正直、この曲はいい意味で「ヤバい」です。
初めて聴いた時はびっくりしました。 

魔法が宿ったような展開に

アルバム「告白」の意味はこの曲のためにつけられたんじゃないかと思うほど。

心の奥底に眠っていた感情が爆発するラスト2分の展開は、
何かに取り憑かれたか、魔法にかかったか、聴いてて畏れを感じるほどです。

曲を聴き終わった後の脱力感もすごい。

歌詞だけ見てもわからない、感情があります。
歌詞、曲、歌声すべてがあるからこそ、こんな感想になるのだと思います。  

「やさしさ」についての他のブログのレビュー

読んでいて、共感するところが多かったので、他のブログのレビューも紹介します。

http://ameblo.jp/yuma–xls/entry-10225583836.html

http://maybe-ok.blog.so-net.ne.jp/2009-07-06-3

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です