One Night Onlyのアルバム「One Night Only」のレビュー

所謂イケメングループは、バンドだろうがなんだろうが、ちやほやされる。

ワン・ナイト・オンリーなんていうバンド名からして、イケメンなのかと思って見たら、本当にイケメン(笑)

しかもただのイケメンじゃなく、フロントマンはバーバリーのモデルまでやった経歴を持っている。
とまぁ、サウンド面以外でも活発な彼らのセカンドアルバム『ワン・ナイト・オンリー』は、イケメンにありがちなアイドルアイドルな軽い音ではなく、しっかりと地に足付けたサウンドを放っている。

中でも、コカコーラとコラボした「Can You Feel It(ひとつになれ)」は爽やかだ。

CMにも登場しているうえ、国内盤にはボーナストラックに日本語バージョンの「Can You Feel It(ひとつになれ)」が収録され、日本向けのミュージックビデオまで作られた。

さらには、アコースティックバージョンのトラックも日本版のみに収録されている。

リリースと同年のフェスで彼らを見たが、しっかりと楽しめるバンドだ。

効果的なキーボードとダイナミックなメロディー展開は、ファーストアルバムからの成長と言えるだろう。

日本びいきなわけでもなく、日本だけで人気があるわけでもない。

幅広く受け入れられやすいロック・バンドだろう。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

F.TKJ
洋楽専門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です