SUEMITSU & THE SUEMITHの曲「Saga」のレビュー

人それぞれに好みの音があると思う。誰かにとっては大好きな音であっても、違う誰かだと逆に嫌に感じてしまう音もあるだろう。

それは音楽でも同じで、ギターの音が好きだったり、ベースの低音が最高という場合もあるだろう。

ちなみに私の場合は、ピアノ(キーボード)音とバンドサウンドが好みである。

あまり詳しくは知らないアーティストなのだが、SUEMITSU & THE SUEMITHの曲で「Saga」という曲がある。「The Piano It’s Me」というアルバムの2曲目で、このアルバム自体、数回しか聴いていないのにも関わらず、かなりのインパクトを持って、私の記憶に残り続けている。

キャッチーなメロディのなかにある、難解な歌詞。超簡単に翻訳すると、「臆病になっていないで、前に進もうよ」ということでしょう。

何よりも素晴らしいと思うのが、曲の入りから歌い出しのところまで。1回目のサビが終わるまでの流れは完璧だと思う。

1回聴くと、クセになり、3回ほど連続で聴いてしまった。個人的な好みであるピアノとバンドサウンドが合わさった、隠れた名曲。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です