school food punishmentのミニアルバム「Riff-rain」のレビュー

school food punishmentの3枚目となるミニアルバム。

1st、2ndはダークさが見える透明感という印象でしたが、このアルバムで1歩突き抜けた印象があります。1~2曲目の「flow」、「feedback」の緊張感の中にも疾走感があるような曲は過去のアルバムにはありませんでした。

このアルバムは見出しにも書いたようにループして聴きたくなります。最後の曲「over」と1曲目「flow」がつながっています。タイトルも単語をつなげると”overflow”。溢れるという意味がこのバンドの本質をあらわしているような気がします。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です