The Xxのアルバム「Coexist」のレビュー

シンプルなエフェクトやエコーのかかった一音一音のループ。ミドルテンポを少し抑えた感じ。

なぜかこういったジャンルは苦手だ。

ではなぜ聴いたのか、ということになるが、私にとって気づくのが遅いジャンルとも言えるからだ。

ザ・エックス・エックスの魅力は何なのだろうか、と一回聴いた限りでは単純な疑問が浮かぶ。

そして、もう一度聴く。

再び、このバンドに疑問が浮かぶ。

そして、また・・・。

何度繰り返せばいいのだろうか、と思った時、すでにその繰り返しを実行していること自体が”憑りつかれた状態”に陥っている。

基本的に男女混声のヴォーカルで激しさや複雑さを排除した、”緻密でシンプル”な構成が、最低限の音と声でこのアルバムの中毒性を紡ぎだす。

ファーストカットシングルの「Angels」は見事なほどにシンプルで美しい。ここでは女性ヴォーカルのみだが、”LOVE”という単語が何か特別に聴こえる。

「Fiction」ではダンスさせるようなビートが印象的。

なんというか、ドラムレスということもあり、機械的なビートで最初は冷たいように感じるかもしれないが、シンプルが故に男女混声ヴォーカルが加わることで、音の数も多くは無いギター、ベース、キーボードの音がじわじわと温かく心地よく感じてくる。

単音ループが放つ波動が脳内を浸食してゆく・・・これが中毒性なのか。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

F.TKJ
洋楽専門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です