フジファブリックのアルバム「VOYAGER」のレビュー

ついにフジファブリックがやってくれた!そんな思いでいっぱいになります。

3人体制になってからの2作目。「VOYAGER」。よくここまでのクオリティのアルバムができたと感じる一枚です。

前作の「STAR」はそろりと歩きはじめた印象でしたが、今回の「VOYAGER」では全速力で走りだした感じです。

以前「Suger!!」という曲で”全力で走れ〜”というフレーズがありました。そんな感じです。

VOYAGER(初回生産限定盤)(DVD付)

 

アルバムである必然性を感じるナイスな曲順

VOYAGERが素晴らしいのは、アルバムらしいアルバムとして成立しているからです。

この曲順で聴いてこそ、良さがわかります。もちろん個々でいい曲は揃っています。しかし、それらのいい曲をアルバムで並べて聴くからこそ、よりよく感じることができます。

シングル曲で聴いていた曲が、アルバムで聴くと印象が変わることってありません?このアルバムは間違いなくそのケースです。(今回はアルバムが出るまでにシングル曲を聴いていないですけどね・・・。)

ラスト2曲(春の雪、Light Flight)にバラードが続くのも、アルバムの流れで聴くからこそ、響きます。曲単体で聴くのとは全然違います。

 

名曲多し

気に入った曲をピックアップ。

 

2曲目「自分勝手エモーション」

今回一番気に入った曲。キーボードの音がいい。そう言えば、フジファブリックの曲を弾きたいと思ってピアノを習ったこともあったなぁ。

 

4曲目「Time」

これは名バラードでしょう。これからのフジファブリックの決意表明にも聞こえます。

 

9曲目「Fire」

怪しさ満点のフジファブリックらしさ全開ナンバー。ゲームの曲っぽい。

 

これらの曲も絶妙な位置に置かれていて、前後の曲とのつながりや流れが素敵です。

 

悲しみを乗り越え、前向きに進んでいる

アルバム全体を通して感じたことは、悲しみを乗り越えたからこその前向きさが出ているところです。

この考え方は思い込みかもしれませんが、いろいろあった結果のこのアルバムなので、聴いていて嬉しい気持ちになります。

これから先も大事に聴いていきたいと思える一枚になりそうです。聴くたびに発見があります。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です