フジファブリックのミニアルバム「アラモード」のレビュー

フジファブリックのインディーズ時代のアルバム。

フジファブリックのアルバムの中では最もクセのある作品となっていて、一度聴いたらいい意味でも悪い意味でも忘れられません。悪くいうとへんてこりんなんですが、これがまた妙にハマるんですよね・・・。

全体を通して歌詞も病的な感じさえしますね。「花屋の娘」の妄想っぷりはお見事!というしかありません。「お月様のっぺらぼう」や「環状七号線」も一度聴くとメロディだけでなく、歌詞まで頭から離れなくなってしまいます。すりこみという部分では満点に近い作品ですね。もちろん、内容も素晴らしいと思いますよ。

個人的に少し気になったのが、最後の2曲の曲の長さですね。曲自体はまあまあだと思うのですが、もう少し短いほうが聴きやすいかなと思います。最初の頃はあまり聴く気になれなかったです。

これは彼ら全体の作品に言えることなのですが、アルバムを1つの作品をして伝えようとしているのがわかります。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です