チャットモンチーのアルバム「生命力」のレビュー

衝撃の1stアルバム「耳鳴り」から1年3ヶ月置いてリリースされたチャットモンチーの2ndアルバム「生命力」。

耳鳴り」以降、「シャングリラ」や「とび魚のバタフライ」などのシングルでポップな方向に開けてきて、一時は物足りなさも感じたりしていました。で、ついにアルバムです。

1曲目の「親知らず」・・・歌詞カードを見ただけで名曲の予感がプンプン・・・。そして「耳鳴り」以降の彼女たちの成長を確信しました。「耳鳴り」を聴いた方ならわかると思いますが、「東京ハチミツオーケストラ」とリンクしています。環境の変化にそれほど影響されず、ありのままのメッセージを書けるのはすごいと思います。

それから初めて聴いた時に強く感じたのが、1曲1曲のメッセージに正に生命力があるということでした。あーイキイキしてるわ・・・と。「耳鳴り」の頃にはあまりなかった生活感というものが溢れていると思います。

音は「耳鳴り」の頃と比べてギターを重ねなかった分、すっきりしてかなり聴きやすくなったと思います。特にベースはかなり聴きやすいです。あだ名にもなってるみたいですが、ベースは本当に聴いてて面白いし、おおー!っと思うことがよくあります。3人それぞれが出せる音のみがパッケージさえれてるのでこれがチャットモンチーそのものであると言えるでしょう。9曲目の「真夜中遊園地」などを聴くとやっぱりロックバンドだと痛感します。

このアルバムを言葉で表現するのは難しいです。ポップさが花開いた印象がありますが、歌詞のところどころに核心をつくような言葉があり、ロックさも十分です。上手く言えないけど、このアルバムを聴いてチャットモンチーへの評価が上がったことは間違いないです。いいアルバムです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です