チャットモンチーのアルバム「耳鳴り」のレビュー

耳鳴り

チャットモンチー初のフルアルバム。

現時点でのベストというだけあり、かなりいいです。本当に。メンバーも100点と言うだけのことはあるなぁと思います。偉そうですが・・・。

全体的に曲調はポップです。ただ、ところどころにチャットモンチーらしさでもあるヘビーな部分ものぞかせています。歌詞は完全に耳鳴りしそうなほどのヘビーさです。よくこんなきついことが同い年の彼女たちに歌えるよな、と思ってしまいます。一体どんな恋愛をしてきたんでしょうか、まったく。年齢を重ねるとこのヘビーさはどう進化していくのかが、今から楽しみで仕方ありません。

とにかく、今年発売されたアルバムの中では相当高いレベルにあることは間違いないでしょう。発売日の前日に購入して、レビュー日までひたすらヘビーローテしてますが、聴く度に新たな発見があり、耳鳴りするまで聴いてしまいそうな勢いです。

歌詞カードを見なくても聴きとれ、情景が浮かんでくる点が個人的には素晴らしいなと思っています。100点にしなかったのは終盤の曲が長く、少しだらける感じがするからです。8曲目までは全て4分以内なので、流れがいいです。

「東京ハチミツオーケストラ」、「ウィークエンドのまぼろし」が個人的にツボです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です