チャットモンチーのミニアルバム「chatmonchy has come」のレビュー

チャットモンチーのデビューミニアルバム。

このアルバムを聴いたのは2006年ですが、発売したころから名前は知っていて評判も良かったのでアルバムを購入して聴きました。

試聴もせずに手に入れたのですが、その不安は1曲目「ハナノユメ」を聴いただけで吹っ飛びました。正直、かなりの衝撃でした。言葉ではうまく説明できない感覚的なものなんですけど、おおっと思いましたね。他の曲もなかなかでした。

つかみは抜群のアルバムだと思うのですが、聴きまくると飽きる感じがしました。私は飽きてないですけどね。肝はポップですが、しっかりとしたバンドサウンドになっているように感じます。

声がとてもキレイで純粋な女の子が歌っている感じです。同い年ということもありますが、個人的にかなり注目しています。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です