スピッツのアルバム「さざなみCD」のレビュー

初めてスピッツのアルバムを買いました。ロッキングオンのインタビューを読んでいるとどうしても欲しくなり、フライングゲットしました。

・・・買って大正解でした!見出しにもありますが、本当に名曲ばっかりです。期待を遥かに上回る完成度と瑞々しさで感動しました。CDを開封してプレーヤーに入れて1曲目(僕のギター)が始まり、あのサビを聴いた瞬間に鳥肌が立ちました。スピッツって2007年で結成20周年だそうです。なのに、メロディも歌詞も若々しすぎます。もう、1曲目だけで虜になってしまったのに2曲目以降もとんでもないいい曲が続くので、借りずに買って良かったと本気で思いました。多分レンタルで聴いたら絶対欲しくなりますもん。これ。

今までは「ハチミツ」が一番好きでしたが、今はもう断然「さざなみCD」です!

冷静になってこのアルバムを考えてみても、聴きやすさも流れも突出してると思います。しいて言うならシングル曲の出来がもうちょっとあればと思いますが、それ以外の曲が良すぎるためではないかと思ったりもします。んーやっぱりすごい!大名盤!スピッツを初めて聴くならシングルコレクションよりもこの「さざなみCD」をおすすめします!

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です