Mr.Childrenのアルバム「シフクノオト」のレビュー

ミスチルの11枚目のアルバム。桜井さんが病気から復活して初めてリリースしたアルバムになっています。アルバム名の「シフクノオト」は「私服の音」と「至福の音」の両方の意味があるそうです。

私はこのアルバムを聴いて衝撃を受けました。聴いた時は2004年でしたが、「2004年の最高傑作アルバムだな」と思いました。

どの曲もそれぞれに良さがあってハズレの曲は全くありません。どの曲も聴き応え十分です。個人的には01〜05、09〜12がかなり気に入っています。もちろんそれ以外の曲もいいですよ。「私服の音」と「至福の音」の両方が堪能できると思います。

とくに最後の4曲はまるでフルコースを味わっているかのような感覚にさせてくれる名曲ばかりです。心して聴いてください。聴きおわると何とも言えない満足感があると思います。このアルバムはそれほどの価値があると私は思います。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です