Editorsのアルバム「An End Has A Start」のレビュー

ニュー・ウェイヴ、ポスト・パンクの音を鳴らすバンドは、過去いくつも出現しており、そしてこれからも出てくるだろう。

このエディターズというバンドもそう言われたリバイバルバンドだ。

ニュー・ウェイヴ、ポスト・パンクから連想するものは、単調で暗めという先入観が個人的にある。(なぜだかわからないが)それが良い悪いは別にして、狙ったものだとすれば、デビューアルバムからさらに成長した今作のセカンドアルバムを完成させていることになる。

少し太めのヴォーカルがメロディーに乗ることで、サウンドとは別の重厚感を増す。それを感じ取ろうとする聴き手の神経に、多用されているシンセサイザーがピリピリと刺激を加える。

先行シングルの「Smokers Outside The Hospital Doors」は各方面で絶賛された。

アルバムタイトルのクレジットでシングルカットされた「An End Has A Start」や「The Racing Rats」も、性急なビートとシンセサイザーのサウンドがかっこいい。

スケールアップした、という表現がこれほどしっくりくる内容もそうはないだろう。

実際にフェスで彼らを拝見したが、しっかりとした演奏で歌い切っていた。いい意味で安定しており、これからどのような方向性を示していくのか期待したいところだ。しかし、道を踏み外せば退廃的にもなりかねないと感じている。

いや、安定感をあえて壊すことで、何かを生み出すかもしれないという期待を、実はしているのかもしれない。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

F.TKJ
洋楽専門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です