シュノーケルのミニアルバム「ソラカラフル」のレビュー

シュノーケルがインディーズ時代にリリースしたミニアルバム。

今でこそ「青さ」が目立つ彼らですが、この頃は「妄想」のイメージが強いです。言葉もとっちらかってる感じがしました(3:シュレッダーとストレンジャー)。その分、言葉遊びには物凄いセンスを感じたりもします(5:あいうえお)。メロディのよさはこの頃から相変わらずです。ついつい口ずさんでしまうようなキャッチーさがあります。

個人的な意見ですが、メジャー1stアルバムを聴いてからこのアルバムを聴いたので1曲目「レコード」の違いに驚きました。シュノーケルが成長しているという証拠でもありますが・・・。

シュノーケルが発展途上中のアルバムです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (1)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です