aikoのアルバム「小さな丸い好日」のレビュー

大人気アーティストaikoの1stアルバム。私は2ndでハマったので1stも買ってみたのが聴いたきっかけでした。

今だから言えるのだと思いますが、現在とスタイルが全くぶれてないです。このアルバムの時点で。それほど幅広いジャンルの曲をやるタイプのアーティストではないのもありますが、その点は単純にすごいと思います。

当時はまだ若かったこともあってか、恋愛での一喜一憂を歌っている曲が多いです。女性ではないので複雑な気持ちや感情を全て理解することはできませんが、一筋縄ではいっていないのがファンが多い理由なんだろうなって思ったりしています。

全体的には2nd、3rdよりも勢いのある感じです。かなりポップにふりきれています。で、ところどころにちりばめられたバラードがアクセントをつけているという感じですね。個人的にはアップテンポの曲の方が好きですね。バラードはちょっと退屈。だから「オレンジな満月」、「赤い靴」とかがお気に入りです。「あした」も好きな曲なんですが、私の知る限りaiko以外が作曲した唯一の曲なのでちょっと浮いているのも否めません。

たまに聴くのはいいけど、ヘビーローテするにはおすすめできないです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です