GRAPEVINEのアルバム「Chronology a young persons’ guide to Grapevine」のレビュー

Chronology a young persons’ guide to Grapevine

GRAPEVINEのシングルコレクションアルバム。

レンタル屋でふらっと借りたのが聴いたきっかけで、それまでは名前を知っていた程度でした。いつかは聴いてみようと思い、何年も経ちようやく耳にすることが出来ました。評判はあんまり知らなかったですが、そのおかげで先入観なしで聴くことができたのではないかと思います。

ベスト版ということもあり、聴いたことがあるような気がする曲があり、それなりに聴きやすかったです。GRAPEVINEの曲はどれだけ深いのだろうと思い始めています。表向きの曲ばかりでも変わった曲が多いと感じたので。チャートの常連ではないけど、人気が高い理由が垣間見えるのではないでしょうか。

アルバムを聴いた中でよかったのは「ぼくらなら」、「会いにいく」、「スロウ」、「光について」あたりです。自転車で夜道を走っているときに聴いたらちょっと泣けてきました。テンションが普通以下の時に聴くのがベストじゃないかと思いました。他のアルバムも気になってきたので聴いてみようと思います。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です