ACIDMANの曲「赤橙」のレビュー

ACIDMANが有名になるきっかけになった曲で、
今なお代表曲と言われています。

本格的にACIDMANを聴き始めた時もこの曲だけは聴いたことがありました。

赤橙

ライブでの歓声は一番

この「赤橙(せきとう)」という曲はライブでの盛り上がりを意識した曲ではないはずです。
それなのに、ライブでこの曲がかかった途端にいつも大歓声があがります。

どちらかと言うと、しっとり目な感じの曲です。
抽象的な歌詞で世界観を具体的にイメージしたり、説明したりすることが難しいです。 

この曲になぜ惹かれるのかを考えてみると、
ギターの音なのかと思ったりしてます。

(おそらく)マイナーコードなのに温かみのある音。
ACIDMAN独特の音。

 

ふとした時に聴きたくなります

そうした温かみが心地いいので、ふとした時に聴きたくなります。
また、アルバムを通して聴くうちにこの曲に辿り着いたらなんか嬉しいです。

「ホット一息」という感じ。

一度聞いてみてください。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です