tacicaのアルバム「parallel park」のレビュー

parallel park

音楽関係者から注目を集めている、tacicaの初めてとなるフルアルバム「parallel park」。

彼らの曲を聴いて思ったことは日本語での感情表現が豊かだということです。キレイな美しい日本語で伝えたいことを音と共に表現している印象です。

ただ、美しい世界を表現するだけのバンドとしての完成度みたいなものはもう少しかなという印象も受けました。すごく聴きやすいメロディなんだけど、厚みが足りないような気がします。

ボーカルのブレスの音(黄色いカラス)はちょっと苦手です。BUNP OF CHICKENに似てるというウワサをよく聞きますが、レビュー時点で私は聴いていないので何とも言えません。

でも、~に似てるって褒め言葉なんでしょうか?彼らのよさは最初に書いたように豊かな表現にあると思います。演奏力がついたときにはかなりいいバンドになると思います。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です