NICO Touches the Wallsのアルバム「Who are you?」のレビュー

Who are you?(初回生産限定盤)(DVD付)

NICO Touches the Wallsの1stフルアルバム。

試聴で「Broken Youth」を聴いていい感じの印象を持ってそのままアルバムを買ったのですが、通して聴いてみていい意味で裏切られました。珍しい大当たりのアルバムでした。

個人的には全曲捨て曲なしでしたし、どの曲も気に入りました。アルバム全体としてというより、1曲1曲の個性が強く、どの曲も印象に残るからこそ全体の流れもいいように感じるよくできた作品だと思いました。

歌声とギターの音色の美しさが全体を通して強く印象に残ります。もちろんリズム隊のベースがあるからこそメインの音が響くのですが。

歌詞に目を向けてみても若さゆえの衝動や発想の豊かさ、繊細さが全体的に表現されています。

「ほっとした」のような切ない歌詞や「Broken Youth」のような攻撃性が1枚のアルバムに同居しているのが1曲ごとの個性が強い彼らならではという印象です。

演奏やアレンジの部分では間奏などで少し物足りない部分も感じたりしましたが、それ以外の部分の曲の良さを考えればかなりのアルバムだと思います。実際、買ってからレビュー時まではほぼ毎日飽きずに聴いています。これが成長したらどうなるのか非常に楽しみです。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です