阿部真央のアルバム「ふりぃ」のレビュー

ふりぃ(期間限定生産盤)

タイトルが「ふりぃ」。英語に直すと「Free」。1枚目のアルバム。しかもデビュー作から大胆なタイトルを付けています。

弱冠18歳の阿部真央。この年齢だと様々な葛藤と日々闘っていることでしょう。歌詞からもよく10代の思いが伝わってきます。とはいえ、ここまで書いたことだとフリーさは全くありません。私が思うのは彼女自身が「ふりぃ」になりたいからこそこのタイトルをつけたんだと思います。自由になりたいという気持ちが伝わるし、何より最後の曲が終わって何分かの空白があったあとにあるアウトロで雨音の中、足音で終わるところがあります。ここの部分こそこのアルバムで阿部真央は出発するぞという意志を感じました。

それに全曲作詞作曲しているのがいいです。誰かの曲を歌うだけじゃないので強い意志を感じるし、本人の言いたいことがよくわかります。非常に聴きやすく、しかもクセのあるメロディが印象に残るので心地いいです。

聴いた感じで近いアーティストはYUIでしょうか。少し椎名林檎っぽい雰囲気もあります。

このアルバム・曲の評価は?
  • 最高 (0)
  • 良い (0)
  • 普通 (0)
  • 微妙 (0)
  • 良くない (0)

※ タイトルとは関係ないイメージの場合があります。

この記事の投稿者

Hiroki
このサイトの運営者。
いいアルバム、いい曲を世の中に広めたいと常に思考を巡らす。

90年代のJ-POPで音楽を聴くことが好きになる。
1組のアーティストの曲を徹底的に聴き倒したいタイプ。

好物は日本のロック。一時はライブやフェスにも頻繁に行っていた。
最も好きなバンドはACIDMAN。
最近はサカナクションがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です