これがホンモノのガレージロックである。本当に自信を持って宣言できる、The Sonics(ザ・ソニックス)の1stアルバム『Here Are The Sonics!!!』 60年代の独特の雰囲気があり ... 続きを読む
英国ロンドン出身の4人組ロックバンド、Rooster(ルースター)。 極太のロックサウンドから、当初はアメリカのバンドだと思った。極太のサウンドもさることながら、メンバーのルックスにも注目が集まってい ... 続きを読む
ニューヨーク・パンクの女王と呼ばれるPatti Smith(パティ・スミス)のデビュー・アルバム。 まず、モノクロジャケットがかっこいいなという視覚のインパクトに加え、冒頭の#「Gloria」、最終曲 ... 続きを読む
純正ブリティッシュ・ロック・バンド、Oasis(オアシス)のデビューアルバム。 ロックリスナーにとって、オアシスについては説明不要だろうが、ノエル、リアムのギャラガー兄弟を中心としたバンドである。 ま ... 続きを読む
通産8作目となるNine Inch Nails(ナイン・インチ・ネイルズ)のアルバム。 インダストリアルロックというものが正直よくわからないが、最初に聴いたときの印象は”冷酷” ... 続きを読む
アジカンの中でも特に好きな楽曲で、しばらく落ち着いた曲が続いていた頃に久々に出した曲で アジカンらしい疾走感と独特の言い回し、なにか吹っ切れたかのような勢いがとても好きです 夢なら覚めた だけど僕らは ... 続きを読む
ウェールズ出身、Manic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)の11thアルバム。 デビュー当初はパンクスの要素をギラつかせていたバンドだが、11作目ともなると落 ... 続きを読む
英国マンチェスター出身の4人組ロックバンド、Long-view(ロング・ビュー)。 シューゲイザーっぽい雰囲気のまま進んでいくのかと思いきや、単なる叙情派バンドとは一線を画す流れを汲むといった印象のあ ... 続きを読む
“不穏なグルーヴ”―。 これほどこの形容がマッチするものなのかと驚いた、デビューアルバム。 リリース前に聞いた情報の中で印象に残ったこの表現は、デビューシングルである#1「Cl ... 続きを読む
本格的なデビュー前から話題になっていた、ジェイク・バグの同名デビューアルバム。 ボブ・ディランを引き合いに各所から絶賛されているが、フォークよりももっとロックンロールにアプローチしたような、魅力的な若 ... 続きを読む
1 / 2312345...1020...最後 »